プロフィール

kojimitu

Author:kojimitu
JOMS(ジャパン・アウトドア・メディカル・サポート)と言うNPO団体でレース救護班(team-JOMS)を立ち上げレース救護活動をしています。

救護が無いレース会場に出向き、参加されてる方々のサポートをしていきたいと思い現在活動中です。

team=JOMSを宜しくお願いいたします‼

https://team-joms.jimdo.com/

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ホネホネ・クロック

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブログ村ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング

ブログサークル

NINJA TOOLS

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
1176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レース
32位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

最新コメント

アルバム

フリーエリア

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

リンク

RSS

片道218キロe-NV200電気自動車のプチ旅!!トヨタ編の冒険記。

e-NV200の電気自動車で愛知県豊田市まで行って来ました!!

私の自宅から愛知県豊田市までは片道218キロの道のりです。



時間にして2時間53分。

今回でe-NV200で豊田市に出向くのは2回目です。

前回のデータを用いて今回はちょっと冒険してみました。

その冒険とは、充電回数を極力減らす冒険です(^^;

一つ間違えば『電欠!!』って奴が待ってますが、賭けに頼るのでは無く、『これなら行ける!!』の範囲内で冒険しました。

実際に充電ランプは付きましたが、航続距離では、まだ十数キロは走れるほどの余裕を持たせました。





さて、前回のe-NV200電気自動車プチ旅トヨタ編は、『香芝SA』→『針テラス』→『日産プリンス』→『関インター』→『御在所SA』→『刈谷SA』…と計6回を充電を繋げて行きました。


そこで今回のe-NV200電気自動車プチ旅は、『香芝SA』→『伊賀上野ドライブイン』→『関インター』→『湾岸長島SA』の計4回の充電を前回の充電データを踏まえて冒険をしながら繋げて行きました。






香芝SA充電スポット。





伊賀上野ドライブイン充電スポット。





関インター充電スポット。





湾岸長島SA充電スポット。



そして今回は鞍ヶ池パーキングで車中泊としました。

充電機が有る側での車中泊なので今回は遠慮なく車内のエアコンも気にせず使ってみようかと…*˙︶˙*)ノ"




と、その前に湾岸長島SAから鞍ヶ池パーキング間は距離があるので到着の1キロ手前で充電ランプが付きました…(^^;

なので先ずは充電から開始です( ‘-^ )b

急速充電機はバッテリーの負担が掛かるので100%の充電は出来ません。
( °×° )

急速充電機は80%しか入らないので急速満充電の80%から車中泊のスタートです!!
\(^o^)/ハジマリハジマリ


後このe-NV200の強みはAC100vが使えるので、以前の琵琶湖の時と同様で車中泊用に電子レンジにポットも持参しました。





気にせずエアコンの温度も高め設定で快適空間でしたが、いつの間にか寝てる時に暑さのあまり、知らない間に電源を切ってたみたいです…(^^;

で…案の定、寒さで目を覚まし電源を入れて朝の出発時間まで再度エアコンを付けました…
ε-(´・`) フー

車中泊明けから残りのバッテリー残量を観ると53%( ‘-^ )b

電源を切った時間は不明ですが27%しか減ってません。

以前の琵琶湖の車中泊の時にも感じたのですが、モーターの駆動が無ければエアコンやAC電源だけなら案外バッテリーは食わないみたいです。

実際にAC電源を使える時間を調べてみると…





最長で約13時間なら余裕はタップり有りますね!!



関連記事ですがEVパワーステーションです。



EVパワーステーション

自宅で急速充電が出来て自宅の電気も蓄電器としても使える…

お金が有れば絶対に欲しいですね(^^ゞ


関連記事からでした。




さて、今回は関インターと湾岸長島SAの間がかなり渋滞していました。

本当は関インターでは無く御在所SAで充電と考えてましたが、このe-NV200で渋滞の経験が無いので関インターで充電をし渋滞に望む事に…。



いざ渋滞に入ると案外バッテリーが消耗しない事に気が付きました。
(*゚ロ゚)

考えてみればアクセルは踏まないのでモーターもフル稼動してませんよね。

電気自動車の欠点は高速道路走行と登り坂が一番バッテリーを消耗します(^^;

なぜなら駆動モーターに力が一番掛かるので…(^^ゞ

なのでアクセルを踏まなくてトロトロと走ればきっと電費も良いかと思います。

その他のe-NV200の欠点は航続距離ですね…(^^;

カタログでは航続距離は190キロ(100%充電)と有りますが、正直なところ高速道路で航続距離が目安で80%充電で60キロ、100%充電で80キロぐらいでしょうか?…(^^;

e-NV200のバッテリー容量は24kwhなので正直不満は有りますね…(^^;

今回の新型リーフは40kwhのバッテリーで航続距離は300キロは走るらしいです。

正直うらやましいです…(^^ゞ


欠点が有るなら利点も有ります!!( ‘-^ )b

バッテリーがフロア下に有るのでかなり低重心となりこのe-NV200の車高でもコーナリングはローリングもせずスムーズに回れます。

ちょとした峠ではどんな車でも負ける気しません!!
(ง ˙o˙)ว

って、あまり踏んだら急激にバッテリーが低下しますので踏みませんがね…(^^ゞ

また、電気自動車の加速はヤバいぐらい凄いです!!

ストレスは全く感じません!!(ง •̀_•́)ง

色々な記事で良く書かれてるのですが、電気自動車に乗ると、次に買い替える時も電気自動車を選びたくなると言う理由がわかりました。
( ‘-^ )b

確か…ガソリン車の2.6リッター並の質力であの小さいモーターで発揮してるそうです。

本当に良く走りますが、くれぐれも踏みすぎには注意です!!

一気にバッテリーが減るので…(^^ゞ



後、その他では回生ブレーキがかなり優れてます!!

山越えをする時に登りは確かにバッテリーは減りますが、下り坂では回生で数パーセントですが駆動バッテリーに充電されます。

回生ブレーキは本当に良く効きます。

私自身、よく山越えをしますが下り坂でのフットブレーキ使用は、ほぼ0回です。

逆にアクセルを踏まないとダメな時もあるくらい回生ブレーキは良く効きます。

おそらくブレーキパットは長持ちすると思われます。

平坦な道で信号で止まる時も回生ブレーキは、より感じられ止まる寸前でブレーキを踏む感じなので、ブレーキランプが付かずに減速していくのでちょと後ろが気になるなぁ~と感じます…(^^;


あと、なんと言ってもこのe-NV200は荷物がタップり積めます!!

長物も工夫すれば十分に積めます。



ただし…乗る人数は減りますがね…(^^;


あと何よりも維持費が掛かりません( ‘-^ )b

ガソリン車と違いエンジンが無いのでオイル交換は要りませんし、オイルの量や冷却水などの点検も要りません!!

唯一、点検したのはタイヤの空気圧だけかな(^^ゞ

■株式会社オートウェイ■



気になる充電に掛かる料金や時間ですが、私自身このe-NV200に乗るのは週末の土曜日、日曜日がメインなので金曜日と土曜日の夜は自宅で充電をしてます。

なので1ヶ月の充電電気代は数百円程度だと思います。

自宅充電方法も深夜電力割引が始まる11時間からe-NV200のタイマー機能を利用すれば尚ベストかと思われます。

ちなみに私は深夜電力料金をフル活用してます( ‘-^ )b

仮に、昼間に充電しても2千円もいかないと思います…。

自宅の充電で電気料金の明細書を観ても特に料金が上がったとも感じませんのでかなりお得かと…( ‘-^ )b


e-NV200のタイマー機能外で予定が早まり今すぐ充電をしたい時はスマホからアクセスをしてリモート充電も可能です。



予定が早まった時などは便利です( ‘-^ )b
(※充電ケーブルが接続されている事)


あと気になる出先で入れる急速充電機の料金ですが月額で2000円です( ‘-^ )b

但し、私が加入した時は『旅ホーダイプラン』ってのがありましたので最初の2年間はタダです(^^ゞ




気になる充電の時間ですね…( ‘-^ )b



自宅の普通充電で8時間となってますね。

私は充電の時間設定を深夜電気料金が始まる23時からの設定にしてます。

でも80%充電で平均して約4時間ぐらいで充電完了にはなってます。






急速充電に関しては最大で30分で平均15分~20分ぐらいです。

でも長い時は最大の30分は掛かりますね(^^;



スマホの充電で80%に達する時間を勝負するなら、このe-NV200の充電時間で勝つ自信はあります!!
(ง ˙o˙)ว


<[ガリバー愛車無料査定]>




ちょっと話が反れましたね…(^^ゞ

電気自動車プチ旅に戻します。

今回の帰り道中でe-NV200の先輩とお会いしました。

刈谷SAで充電をしてましたら…



隣りの待機スペース白色のe-NV200が止まりました。

リーフは良く見掛けますがe-NV200は初めてです!!

どうやら家族連れで私と同じ帰路みたいです…。

運転をされてた男性が私の所に挨拶に来てくれました。

男性 『こんばんわ!!』

私 『あ、こんばんわ!!』(^^ゞ

男性 『私はe-NV200に乗って2年になりますが、同じ車を充電機で見るのが初めてですわ!!』

私 『私は今年から乗ってますが、私も初めてです…』(^^ゞ

男性 『このリキッドブルーのカラーは良いですね!!、私はこのブルーが欲しかったんですが6ヶ月待ちで補助金が切れるので仕方なく白にしたんですよ…』

私 『へぇー、私は白が欲しかったけどブルーしか無いので仕方なく…(^^; 』

男性 『あら…交換しませんか!?』

私 『ほぉ~いいね!!』

って、冗談の話しで盛り上がりました(^^ゞ

さすが先輩!!でe-NV200の事を色々と教えて頂きました。

中でも5人乗りと7人乗りの違いですが、この男性のe-NV200は7人乗り、私のe-NV200は5人乗りです。





7人乗りはリヤのルームエアコンが装備されているのは知ってました。

その7人乗りのリヤルームエアコンなのですが話しによるとバッテリーを冷却するエアコンを後部席室内に引いてるそうです。

なので7人乗りはバッテリー冷却が無いので4回ぐらい連続で急速充電をするとバッテリーの冷却が出来ないので亀さんランプが点灯して走らないそうです…(^^;

男性からは5人乗りを選んで正解ですよ!!って言われましたが…

そもそも私が5人乗りを選んだ理由は荷物を載せたいのと、7個も椅子が有ったら7人乗せないとあかんやん!って思ったので5人乗りを選びました。
(^^ゞ


まぁ、地方に出かける私にとって、このバッテリー冷却の話しを聞いてちょっと安心しましたね…。


あ、そうそうこの男性は何処から来たのかお話しを聞くと宝塚に在住でして、息子さんが東京の大学に在学中で年に数回e-NV200で行かれるとの事です。

宝塚から東京までは7回の充電を繋げていくそうです…凄い(^^ゞ

私の充電が終わり充電コネクターを渡した時に『7回は大変ですね…』って言うと…

男性 『でも、燃料代が要らないから区になりませんよ!!』

私 『確かに!! 凄くわかります!! でわお先に失礼します!!』
(^o^)/

男性 『はい!! お気を付けて!!』


この男性は私と同じ近畿圏内の宝塚市在住との事なので又何処かでお会い出来るでしょうね!!(^-^)/

またお会い出来る事を楽しみにしてます!!
*˙︶˙*)ノ"


<[ガリバー愛車無料査定]>





あと電気自動車で気になるのは外気温です…(^^;

NISSAN EVのアプリで目的地のルートをシュミレーション出来ます。



ん…e-NV200のメイン画面ですが、ボディーカラーも選べたら良いのになぁ~って思うのは私だけかな…(^^;


先ずは私の住んでる大阪府堺市から愛知県豊田市で検索します。





外気温度の設定はマイナス10℃



真冬設定で検索すると…



充電回数は4回です。


次に真夏設定で25℃で検索すると…





充電回数は3回になりました!! (^^ゞ

バッテリーも冷えるとダメなのでしょうね。

子供の頃、無くなりかけの乾電池を手のひらで温めるとちょとだけ長持する様な感覚なのでしょか?…(^^

バッテリーにも程よい熱が必要なのですね。

ん…ならば夏と冬のデータも取らないと行けませんね(^^ゞ


さて、電気自動車のプチ旅!!トヨタ編の冒険記から電気自動車の魅力へと色々な話へと書込みましたが…伝わったでしょうか?
(^^ゞ


最後にe-NV200をまとめると、私の用途に合った理想な車です!!
(ง ˙o˙)ว

今回のプチ旅トヨタ編で充電スポットも香芝SA~から色々と繋げて行きましたが、各充電スポット間に1基づつ増えれば、もっともっと安心感が出て気にしないで走れると思います!!
( ‘-^ )b

これからは電気自動車の時代に変わるので充電スポットも確実に増えます!!

楽しみですね!! ( *´︶`*)


利点や欠点はどんな車にも有りますが、欠点さえ克服さえすればe-NV200は素晴らし車です!!
ヽ(^o^)丿


『片道218キロe-NV200電気自動車プチ旅!!トヨタ編の冒険記』長々と長文を読んで頂きまして本当にありがとうございました。

m( __ __ )m





ブロトピ:kojimitu日記 ブログ更新しました!!





宜しければポチッと応援お願いします‼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す