FC2ブログ

        

成田市にあるモトクロスコースの成田MXパークでキャンオフ東日本の救護活動に行って来ました!!

category - レース救護の日記
2019/ 05/ 19
                 
成田市にあるモトクロスコースで成田MXパークに救護活動の遠征に行って来ました!!(^-^)/







初めて訪れるコースは新鮮ですね!!(^^♪


近畿地区に無い雰囲気で、パッと見ですが段々畑ならぬ段々コース畑!って感じです!!(^^;


で、感心したのがただ単に行って帰るだけでわ無く、立体交差が有るので頭の中では悩ませるレイアウトでビックリです!?( °o°)





んー…スーパクロス的なコースですょね!? (°_°)



さてさて!! 今回のイベントはこの成田MXパークにてキャンオフ東日本 第1戦の開幕戦です!!


キャンオフ東日本の救護活動は初めてですが、キャンオフ全国大会ではお顔合わせした事もある方も居てるのでは無いかな?と思われますが、新鮮な気持ちで成田MXパークの救護活動に参加して来ました!!


さて今回の救護メンバーは近畿地区で今年から救護活動に参加して頂いてる植田さんと一緒です!!


そして、植田さんの次男の、元国際A級ライダーの♯47植田翔太選手が就職で東京都内に居てて、キャンオフ東日本参戦をするとの事で、道中で翔太を拾い珍道中の中、楽しくご一緒して成田MXパーク入りしました!!





翔太とは面と向かって話すのは…初めてでしたが、お互いに面識は有るので何の違和感も無く楽しく2日間を過ごせたかな!!


しかし…関東地方の道路は本当に狭い路地が多いですね(^^;;


翔太を迎えに行く時にハイエースのスーパロングワイドでナビさんからここを曲がれって言われて「ぇぇぇぇ~~~こんな路地無理ィ~」って断念した所も有りました…(^^;


関西に無い街中の雰囲気で悩みながらの珍道中でした!!


とまぁ成田MXパークに着いて準備をして…





落ちつく一時を迎えて就寝しました~~~ (´-﹃-`)Zz…





はい( 'ω')/ ハイ!キャンオフ東日本の朝を迎えて伺えなかったコースを覗きに行きました!!


と言うのも成田MXパークに到着したのが夕方で救護テントを建てると辺りは暗くなりコースは見に行けなくなりましたので…(^^;


なので朝一に覗きに行く事に… |ω・)チラッ




HUMMER~ (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ- 乗ってみたい!!




林間部に入ると…




人工的に造らた木の根みたいなセクションや!?




ロックセクションなどの楽しそうなレイアウトでした!!


80分クラスの設定にはなって無いので救護的にちょっと安心ですね(^^;;


キャンオフの開幕戦は各大学生の1回生が参加してて、サークルに入り初めてオフロードバイクに乗るって方が大半居てます。


なので毎年ながら開幕戦は救護的に凄く心配でもあり緊張もしますね…(^^;;


ちょっと今回のコースはアップダウンが有るので心配の文字が消えないのですが…何とかなるでしょうって構えて行く事に!!(^^;


救護所の準備も…







整いました!! ( ̄^ ̄)ゞ



さぁ! キャンオフ東日本 開幕戦も始まります!!





ライダースミィーティングで説明を受けて!!



80分クラスの参加者がスタート位置に付きました!!





さてローリングスタート開始ですが…







( ゚д゚)ゲッ! 半端ないぐらいの砂ぼこり!!


前…見えてるのかな!?(*゚-゚)マジカ


前半は谷に下るコースを眺めてましたが下りは特に問題も無いけど、下れば登るの部分はやっぱちょっとキツいなァ~って感じです…(^^;;







アップダウンがキツいので1周も出来ない方も居るかなぁ~って思ってましたが…意外に皆さん周回は重ねてましたね!!









٩(ˊᗜˋ*)و



さて今回の救護活動で救護所に訪れた方は…なんと7名でした!?




1人目の方は朝ごはんで焼きそばを焼いてて、焼き網の隅を指で触り親指と人差し指の火傷の方でした。

小さいながらですが水泡があり、潰れて無いのでワセリンラップの湿潤で指サックをしてあげました。

水泡が破れてた方が本当は良いのですが…ここは温存させました(^^;;

帰る頃には痛みは消えましたょ~って伝えてくれて一安心(^^♪



レース前に来てこの方が最初で最後の負傷者と願ってましたがねぇ~~~ 甘かった~(^^;;





2人目の方はマーシャルさんから谷に下りた所で口から血を流してる方が居るとの情報が入りました!?

でも意識はありコース脇に座ってると…

とりあえず植田さんが近くに居てるので無線で現場に向かって貰う事に…

遠目でも確認は出来たので私も向かう事に…

到着すると唇から止血状態で記憶が一部無いとの事…

外傷は特に唇意外には有りません…

頭を打ってるがヘルメットにはたいした傷は見当たらない…

特に緊急性は見当たらないし御本人は頭の中を整理を付けたいと申しコース脇で安静にさせました。

色々と話しを現場で聞くと大学の1回生で初オフロードレースとの事です。

んん…で、今回こんな状況になったけど、もうオフロードは懲り懲りかな? って聞くと…

彼…『いえ!! もっと練習して転けないように次からも頑張ります!!』って言ってくれました。

私も…『そうか!! 頑張ってね!! …但し今のあなたな絶対的に安静期間が必要です!! …セカンドインパクト症候群って知ってますか?』

彼…『な、何ですか? セクションインパクトって!?』


kojimitu日記2019年2月5日投稿よりセカンドインパクト症候群

セカンドインパクト症候群の事をしっかりと教えてあげて脳震盪になってからの安静期間を取るようにしっかりと指導しました。




3人目の方は手首を傷めた方が救護所に来たとの事で早足で戻りました…

手首と聞いてましたが肘よりの前腕部でした…

指に力を入れると痛みが有ると…

んー•́ω•̀)?

優しく橈骨と尺骨を寄せるように押さえるとそんなに痛みは無いと…

肘からの軸圧の痛みにも差ほど無いと…

多分…腕上がりかと思うけどアイシングをして経過観察をする様に指示をしました。

後に遠目で彼を見つけましたが両手で作業をしてたのでほぼ大丈夫かと思います。




4人目の方は植田さんに2人目の脳震盪の方の負傷者データを取りに伺った時に右肩(鎖骨付近)を打ったとの事です…

植田さんが診て鎖骨には異常は無く単なる打撲との事で湿布で経過観察をしてもらう事にしました。




5人目の方は手のひらの豆が潰れたと…

見た目潰れた跡に砂が混じってたので綺麗に洗浄をしてワセリンラップで湿潤をしてあげました。

ただ、豆潰れの位置ですが手のひらの手根寄りでどう考えてもグリップで出来た物では無いなァって本人に問い掛けると、数日前に転んで出来た傷と判明しました…(^^;;

どんな傷でも私達team-JOMSは応急手当はさせていただきますょ!!(^^♪




6人目の方は成人女性で腰を押さえながら救護所に来ました…

腰かな?って思ってたら実は大腿部で打撲の様です。

患部はやはりちょっと腫れ気味なので氷でアイシングをして経過観察をしてもらう事に…

そして上腕部に軽度な擦過傷が有ったのでラップで湿潤をしてあげました。




そして7人目の方は救急搬送の処置となりました…

80分クラスのチェッカーフラッグが振られた頃に救護所に男性が来て、『崖から落ちて頭から血を流して倒れてる方が居ます!!』って慌てながら来ました…Σ(゚Д゚ノ)ノ

現場は遠目でマーシャルスタッフが、その負傷された方の周りに居てるとの情報も入りましたので直ぐにわかりましたので現場に急行…

到着すると負傷者は女の子で顔面から止血状態で左目付近が腫れてました…

意識は鮮明で転けた時の事は覚えてるとの事…

痛みは左目付近と、背中の中心付近との事…

手足の感覚や運動機能には問題無いけど背中の中心が傷めてるのが気になる…

がしかし、崖から落ちたと聞いたのですが、この場所はコース脇…

私は落ちた所がこの場所だと思ってました…

回りからの話しを聞くと落ちた場所はこの下だと…

えッ… ちょっと疑問が?? 何故この場所に負傷者が居るのかマーシャルスタッフから聞くと誰も解らないと…

そこで負傷者の女の子が自ら『崖から落ちて誰も助けに来てくれないと思ってはい上がってここまで来ました…』って私に教えてくれました…(*゚-゚)

私自身も『ええぇ!? マジで!? よう頑張った!!』って声を掛けてあげました…

結局私達のボードで救急搬送となりまして、ドクターヘリで搬送するか陸送で搬送するかはドクターの指示待ちとの事ですが、成田の救急隊の方々がバッグボードとイモビ、ベルトの一式を代わりに置いて頂き後の連絡を待つ事に…

そして後に消防署から私の携帯に連絡が入りドクターヘリで搬送されましたとの事で帰りに成田消防署と搬送先の病院に寄りボードの交換にも行きました。



今回のキャンオフ東日本ですが80分クラスで怪我人が多くてコースの安全性を考慮をしてお昼からの120分クラスは中止となりました…。


色々と有りましたがキャンオフ東日本に参戦、観戦の方々! またキャンオフ東日本スタッフの方々や運営の渡辺さん!! お疲れ様でした!!






             宜しければポチッと応援お願いします‼
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク モータースポーツへ             
                                  

コメント

非公開コメント